義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。
そうなる理由として、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。
ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ