費用を払いきれるかどうか心配

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。
しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、何といっても費用の問題でしょう。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうので何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯科医院ごとに相当差が開きます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は見過ごしてはならないレベルです。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。
インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも十分あり得ます。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ