今流行りのインプラント。一度埋め込め

今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、サボらず毎日のケアを行ってください。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、制約もあるので覚えておきましょう。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。
これは重要な事実です。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。そのような場合は別の方法に頼るしかありません。年々利用者が増えてきたインプラント。その施術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
旧来の入れ歯と比べた場合、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの高レベルの医療技術が物を言うといわれています。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
それは、治療を行う歯科医の腕や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。
インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症していることも考えられるので、放置はできません。
自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。
他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。
熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必須になってきます。
これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ