どんな完璧なインプラント治療

どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
大至急歯科医にかかってください。様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして十分調べてください。
インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。
インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。
もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。
インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。
医療費控除を受けようとすれば医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
全身麻酔になることはほとんどありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。
このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。
痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。
今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ