インプラント治療にある程度の実績がある歯科

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは言えません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、いろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。
それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、金額は歯科医院次第です。それでも、相場はあると言えます。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるのでインプラントだとカミングアウトしなければこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。
自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ