様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで

様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。それは気にしないでください。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。
自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん自分の歯と同じように噛めたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。
インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。
ここで重視すべきなのはインプラント治療経験者の口コミです。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目を損なってしまう問題もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、デメリットも知った上で選択してください。
最大のデメリットは費用が高額になることです。難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。
あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されず検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。
安くできるケースで十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。
豊橋市でインプラントならヒロデンタルクリニックがおすすめ

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ