自費診療なので、インプラント

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。
歯科医院決定に大事なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。
あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。障害が残るばかりか、死亡事故も実際に報告されています。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。
歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を避けられない理由です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。
それは本当のことではありません。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていて検査には問題ないのです。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

北歯科医院 津山市 インプラント

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ