今流行りのインプラント。一度埋め込めばそ

今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。
ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。
長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間が終わったといっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。
鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。
入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口の臭いが気になるようになったケースがままあるようです。
義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。自分もそうかも、と思った方は、早期に診察してもらうことが大切です。
新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう可能性は高いといえます。
注意してください。年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるといった不具合が起こる可能性もあるのです。そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。高い技量を持つ歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。
それ以外に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ