どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目

どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも適用されるのがインプラント治療です。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。
どうしても外見や噛み心地を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めるしかありません。皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、何といっても費用の問題でしょう。おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることも事実です。そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンという義歯をはめられます。その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。インプラントは人工歯なので虫歯の危険性は全くありませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングが必ず求められます。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。
しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。また、できればどの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。
日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ