皆さんがインプラント治療に取りかかる

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。
現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
歯一本分のインプラントで、40万円前後がおおよその相場と考えてください。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。
感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。
インプラント治療を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ